所属弁護士紹介

Lawyer

正確な事実の把握に基づく
的確な法的アドバイスの提供を目指します。

弁護士 石 井 義 人

ご挨拶

 近年、社会情勢、経済情勢は大きく変化し、企業法務や弁護士を取り巻く環境も大きく変化しています。しかし、このような変化は、次のような弁護士としての姿勢や使命に影鑾を及|ぼすものではないと考えています。

  1. 事実関イ系や背景事情を正確に把握すること。
  2. 把握した事実関係や背景事情を前提に、関係法令、裁判例等から、依頼者の的地位(権利及び義務)を明らかにすること。
  3. 明らかになった依頼者の法的地位(権利及び義務)と、依頼者の認識や要望が相違するときは、その原因となる事実や要素を明らかにすること。
  4. 明らかとなった相違の原因となる事実や要素について、これを除去・変更・減殺、転換し、又は代餔する方法の有無、及びその具体的内容を検討すること。
  5. これらを前提として、選択しうる法的手段及びその具体的内容を明らかにし、依頼者に対し、合理的な選択枝を提供すること。

 このような姿勢や使命を、業務遂行における全ての基礎としながら、社会や時代に順応した法的サービスを提供してゆきたいと考えています。

経歴

昭和34年4月

東大阪市で出生

昭和60年3月

大阪大学法学部 法学科 卒業

昭和60年10月

司法試験合格

昭和63年4月

司法修習終了
弁護士登録(大阪弁護士会)
栄光綜合法律事務所において勤務弁護士

平成6年4月

石井義人法律事務所を開設

役職

平成16年6月

横浜鋼業株式会社 社外監査役 就任

平成22年10月

鳥貴族株式会社 社外監査役 就任(現職)

所属

学会・研究会等

大阪企業法務研究会